Almond  Partners

 

アレッサンドロ・ベヴェラリ

Alessandro Beverari

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                

 

 

演奏動画はこちら

 

 

1988年ヴェローナ生まれ。9歳よりクラリネットを始める。2009年ヴェローナE.F.ダル・アバコ音楽院を最高得点で卒業。2008年にヴェローナを代表するオーケストラ、アレーナ・ディ・ヴェローナとモーツァルトのクラリネット協奏曲でデビュー。2009年よりピアチェンツァ音楽院(イタリア)でパオロ・ベルトラミニの薫陶を受ける。その後、ジュネーブの高等音楽学院“Haute Ecole de Musique”でロマン・ギュイオに師事、 

修士号を取得。2016年よりローマ・サンタ・チェチーリア音楽院でアレッサンドロ・カルボナーレに師事。

イタリアの主要クラリネット・コンクールのほとんどを受賞する。ゲルギエフ、準メルクル、アンドリス・ポーガ指揮による札幌パシフィック・ミュージック・フェスティヴァルにも参加。現在、東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者として活動する傍ら、室内楽にも力を入れ、日本とヨーロッパにおいて多くのアーティストと共演。

【受賞歴】

2016年マルコ・フィオリンド国際クラリネット・コンクール(トリノ)優勝。

2017年第15回東京音楽コンクール〔木管部門〕第1位。

2017年アウディ・モーツァルト・クラリネット・コンクール(ロヴェレート)優勝。

2018年第4回ジャック・ランスロ国際コンクール(横須賀)優勝、聴衆賞、浜中賞。

2019年チャイコフスキー国際コンクール管楽器 (木管楽器・金管楽器) 部門3位。

2019年レオシュ・ヤナーチェク国際コンクール1位。